スポンサーリンク

Ender3購入!使い方&キレイにプリントするための調整

Creality Ender 3 3D Printer

以前から気になっていた格安3DプリンターをAmazonで購入しました。自分で組み立てる必要があってなんとか印刷はできたけど、ベッドのレベル調整が上手く行かず、取説にない調整が必要でした。Ender3の使い方と行った調整について、Ender3を購入したばかりの人やこれから新たに購入する人向けに情報をシェアしたいと思います。



スポンサーリンク

Creality 3D Ender 3を選んだ理由

  • 価格帯2万円〜3万円
  • FDM(熱溶解積層方式)。SLA(光造形方式)はレジンを使用するので薬剤の管理や掃除が面倒くさそう
  • ヒートベッドが標準搭載
  • アメリカ(Amazon.com)とカナダ(Amazon.ca)両国のアマゾンでランキング1位
    日本(Amazon.co.jp)ではANYCUBICに抜かれてEnder3は6位でした。(2020年6月)
  • アフターパーツ、カスタマイズ用バーツが豊富
  • 北米で売れているので情報量も多い。
    3Dプリンターは日本より北米のほうが普及しているイメージがあります。




スポンサーリンク

Ender3の開封〜組み立て

Creality 3D Ender 3 BOX

Ender3を開封して付属品が何があるとか組立方法は取説に記載がある上、他の方のブログでレビューがあると思うので割愛します。


組立時の注意点

以下は取説に載っていない、組立時に苦労した点。


Ender3組み立ての注意点 Step1

Step1の柱を取り付ける際に左側の基盤が入っている部分のカバーが柱に挟まる位置にあり、一度カバーを外してから柱を組み付ける必要が有りました。
カバーは長穴になっていて、干渉することを考慮されているようです。


Ender3組み立ての注意点 Step3

Step3のZ軸原点スイッチのブラケット取付部ですが底から32mmと記載が有りますが、実際にはブラケットに突起があってこの位置に取り付けられません。

ブラケットの突起が当たる位置でネジ固定すればOKです。

私は組み立て後、初めてベッドのレベル調整する時に上手くレベルが出なかったので、このブラケットの突起が原因かと思ってニッパーで切ってしまいました。
結果的にはブラケットが改善されているものの取説がアップデートされていないようです。


既に組み立ててある部分も増し締めをしながら組み立てることをおすすめします!

実際に組み立て作業をするのは一部で、タイミングベルトのベアリングやベッド、ベースフレーム部分は組み立て済みですが、ネジが緩いところが何箇所もありました。
ネジの締め過ぎはよくありませんが(特にアルミフレームにタップが立てられているところはバカになりやすい)緩くてガタガタだとプリントに影響するかもしれません。




スポンサーリンク

電源投入、ベッドのレベル調整

電源投入時は電源ユニットのスイッチを230Vから115Vに切り替える必要がある

Ender3パワーサプライ

さぁ、組み立て終わったから電源を入れようとスイッチを入れても動きませんでした。。。
コンセントから電源が来ていないのかとテスターで電圧測ったりしていましたが、よく見たら電源ユニットのスイッチが230Vになっていました。
電源ユニットを壊さないためか、出荷状態で230Vになっていたので115Vに切り替えて無事に起動。



ノズルからベッド間の隙間をA4用紙1枚程度になるようにレベル調整

Ender3 レベル調整

電源投入後、ダイヤルボタンを押して「Prepare→AutoHome」を操作すると原位置出しを行います。
その後、「Prepare→Disable steppers」を操作すると手でノズルとベッドを動かすことができるのでベッドとノズルを四方の位置に動かします。



Ender3 レベル調整ダイヤル

ベッド裏のレベル調整ダイヤルでベッドとノズルの隙間がA4用紙1枚程度になるように調整しますが、レベル調整ダイヤルは1点を一気に回してしまうと高さが均等になりませんでした。ダイヤル4点を少しずつ均等に回して調整する必要が有ります。

私が購入後にベッドとノズル間を初めてレベル調整したときに一度ベッドの四方4点調整して、2回目同じ位置を確認するとなかなか合わず、以下に紹介しているアイドラープーリーの当たり調整が必要でした。

スポンサーリンク

フィラメントをセットしてテストプリント

Ender3テストプリント

フィラメントのセット方法、スライサーソフトのインストールは説明書にある通りに行いました。
スライサーはUSBメモリにインストールデータが入っています。


フィラメント交換時にフィラメントがノズル付近で突っかかって入らない場合

フィラメント挿入前に先端を斜めに尖らせるようにニッパーで切ってから挿入すると突っかかりにくいです。お試しください。



テストプリント用の3Dモデルのおすすめ

本体に付属のUSBメモリ内にテストプリント用の3Dモデルデータが入っていますが、付属の
PLAフィラメントが5m程度しか無いためUSBメモリの3Dモデルでは、普通に印刷するとフィラメントが足りません。
人形を印刷しても正直、使い道がないので以下のようなEnder3用のカスタマイズパーツで小さいものをダウンロードしてテストプリントとして印刷するのをおすすめします。

ケーブルクリップ

液晶パネルの配線を固定するクリップです。

エクストルーダーハンドル

フィラメントをハンドルを回すことで出し入れできます。

フィラメントガイド

Z軸のシャフトにフィラメントが引っ掛かって、トグロを巻いてしまい印刷に失敗したことが有りました。これがあると便利です。





スポンサーリンク

キレイにプリントするための調整方法

アイドラープーリーの当たり調整

アイドラープーリー調整 Z軸

Z軸

X,Y,Z軸の移動時に回転するアイドラープーリーが出荷状態だと適切に調整されていません。
当たりが弱いとガタが出るので印刷の品質に影響が出ますし、当たりが強すぎるとローラーの摩耗を早めます。

調整方法

画像のZ軸側は1つしか付いていない内側のローラーの取り付け部分が六角の偏心ナットになっています。

六角レンチでボルトを押さえて、ナイロンナットを少し緩める

偏心ナットでローラーの当たり調整

同様にナイロンナットを締め付けて固定



X軸

アイドラープーリー調整 X軸

X軸側はノズルのカバーを外して、下側のプーリーを同様に調整します。
私の個体はこのX軸の当たりが弱く、ガタガタでした。

ベッドとノズル間を初めてレベル調整したときに一度ベッドの四方4点調整して、2回目同じ位置を確認するとなかなか合わず、調整に苦労した原因がコレでした!

Y軸

Y軸側はベッドのレベル調整ダイヤルを緩めてプレートを外し、正面から右側のアイドラープーリー2つが調整できます。


ヘッドのレベル調整をやり直す

ヘッドとベッド間の間隔が広いと印刷が剥がれやすくなってしまいますし、間隔が狭すぎるとヘッドが引きずってしまったり、印刷物の乗りが悪いです。

印刷が完了した後に印刷物を取る際、スクレーパーを押し付けたり、印刷物をベッドから引っ張ると若干レベルがズレるので印刷前に毎回レベルを確認する必要が有ります。

半自動でヘッドのレベル調整が出来る小技!

取扱説明書では「Prepare→AutoHome」、「Prepare→Disable steppers」で手動で四方四点にヘッドを移動してレベル調整するように有りますが、以下リンクのgcodeをSDカードに入れてプリントの操作を行うと自動で原点出し、ベッドの四方一点ずつをボタンを押すことで移動させることができます。





スライサーソフトの設定

Altimaker Cura 設定画面

Ender3を購入した際に付属しているMicroSDにCreality Slicerというスライサーソフトが付属しています。私も当初はそのCreality Slicerをインストールして使用していました。
Creality Slicerのデフォルト設定で印刷してもそこそこ綺麗に印刷することができますが、使っているうちにもっと早く・綺麗に印刷したい欲望が出てきます。

Googleで3Dプリンターのスライサーソフトについて調べると、Ultimaker Curaというスライサーソフトの情報が多く、お勧めされているので使ってみました。

スライサーソフトはUltimaker Curaがおすすめ!

Ultimaker Curaがおすすめな理由

  • 印刷し始めに「捨て印刷」がある
    「捨て印刷」という表現があっているのかわかりませんが毎回印刷し始めにベッドの左端に1本線を引くように捨て印刷してくれます。これがあるとフィラメント交換後などノズルにフィラメントがきちんと入っていなかった場合などの印刷ミスを防いでくれます。
  • 設定の種類が多く、細かいところまで設定ができる
    Custom設定を選ぶと設定項目はCrealty Slicerの倍以上あります。インフィルとサポートの種類や各表面の厚さの設定ができることで印刷した後に穴を空けたい場合なんかでも強度をつけられます。
  • 印刷のプレビュー表示ができる
    印刷の途中位置を画面表示、どのように印刷されるのか確認ができます。
  • インターネット上で情報が多い
    高機能かつフリーソフトですので人気があり、検索したときに情報が多いので困ったときに助かります。


以上の理由で今ではスライサーソフトはUltimaker Curaしか使っていません。
ただ、Customで設定すると項目が多すぎるので一つ一つの設定を試すというよりはネット上でプロファイル(設定データ)を共有してくれている人がいるのでダウンロードしていくつかのプロファイルを試して、自分なりにチューニングしています。


Ultimaker Curaのプロファイルをダウンロード

私が一番綺麗に印刷できたPLAのスライサーの設定を以下からダウンロードできますので参考までに使ってみてください。

Ultimaker Cura Version:4.7.1
材質: PLA
ノズルサイズ: 0.4

※ラフトがONになっていますが、大きいものを印刷する場合は剝がれにくいのでOFFしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました