スポンサーリンク

軽量・無料で使えるEasyNASのインストール、設定方法と使い方

EasyNAS WEBサイトトップページスマホ, パソコン

自宅に使っていない古いデスクトップパソコンがあったのでフリーソフトでNAS化してみました。MAC,Windowsのパソコン、iPhone,Androidのスマホ全て持っているのでこれら端末でネットワークHDDのデータを共有できる設定方法を解説します。



スポンサーリンク

NASとは

NASとは(Network attached storage)の略でHDDやSSDをLANなどのネットワークに繋げて、ネットに繋がっているパソコンやスマホなどので保存したデータを共有できるものです。

例えば我が家だと、スマホで写真や動画をたくさん撮ってスマホのストレージがいっぱいになったときはパソコンとスマホを繋いでデータをパソコンに保存しています。スマホのストレージを空けるためにスマホ内のデータを削除すると、保存してあるパソコンからのみでしかデータを見ることができません。NASがあればネットに繋がっているスマホやパソコンからデータを保存して、NASに接続さえすればどの端末からでもデータを見たり、編集することができるので便利です。

NASは大容量のデータを保存するのでデータの保存には主にHDDが使われています。RAIDと呼ばれるバックアップ機能使ってNASを設定すれば、NAS内部のHDDが壊れてデータにアクセスできなくなった場合にも復旧が可能で、データを保護する面でもパソコンやスマホ、USBメモリに入れておくよりも安全になります。




スポンサーリンク

古い家庭用のデスクトップパソコンをNASとして使う

家にあった古いパソコン

HP Z200 Work station  2010年2月発売
スペック

CPUIntel Core i5-650 3.20GHz、73W、4 MBキャッシュ、1333メモリ、デュアルコア
メモリーDDR3 4GB
HDDSATA 500GB×1 250GB×1

10年以上前のモデルですが、Windows 10を入れてまだサクサク動いてました。
USB3.0に対応していなかったり3DCAD使うと流石に重くてお役御免となっていました。
これに寄せ集めのHDDを繋いでNASとして活用したいと思います。




スポンサーリンク

NAS用のOSにEasyNASを選んだ理由

無料で使えるNASのOSをネットで調べていくつか試してみたのですが、バグがあったり動作スペックが高い、機能が多くてアップデートに時間がかかるなど、自宅のLAN内だけで使いたい私の用途からすると無駄な機能がなく設定が簡単だったのでEasyNASに行きつきました。

その他無料で使えるNAS OS
  • Open Media Vault
    軽量かつ多機能でRaspberry Piにインストールすることも可能。多機能だからかアップデートに時間がかかりました。
  • TrueNAS
    要求マシンスペックが高いが多機能で無料NASOSとしては人気です。
  • Rockstor
    Raspberry Piでも使える軽量OSです。使ってみたところ設定を変えていないのにアクセスできなくなったり不安定でした。


EasyNASは日本語に対応していないのが残念ですが、名前の通りイージー(簡単)に使えるので英語でも問題ないと思います。





スポンサーリンク

EasyNASのダウンロード、インストール

EasyNASのホームページからダウンロードをクリック

EasyNAS 64bit verのISOファイルをダウンロードします。


EasyNASの最低動作環境
CPUPentium* III 500 MHz 以上 (Pentium 4 2.4 GHz 以上 若しくは AMD64 又は Intel64 processor 推奨)
メモリー1GB ( 2GB 以上推奨 )
HDD空き容量 20GB 以上





インストール用USBの作成

ダウンロードしたISOファイルをCD-Rに書き込んでインストールディスクとすることもできますが、今回はインストール用USBを作成しました。


WindowsのパソコンでISOファイルをインストール用USBに書き込むためRufusをダウンロード
Rufus.exeを起動します。

先ほどダウンロードしたEasyNASのISOファイルを選択

削除しても良いUSBメモリーを接続・選択してスタートをクリック

このウィンドウが出てくるのでDDイメージモードで書き込むを選択してOKをクリックします。
警告メッセージもOK,OKで書き込み開始

書き込みが完了したらインストール用USBの完成です。


NAS用に使うHDDをフォーマット・診断

古いデスクトップパソコンに接続したHDD

インストールする前にNAS用として使うHDDのデータを他に移したりして、削除しても良い状態で準備をしておきました。
OSのインストール用に250GB、RAIDを組んでファイル共有するように500GBのHDDを3台使用します。

これらHDDも古くてデータが入っているのでUBCDというパソコン診断・修復用ツールを使って物理フォーマット&エラーチェックを事前にしておきました。







EasyNASをインストール

作成したインストール用のUSBから起動できるようにパソコンのBIOSセットアップから起動順位を設定します。



EasyNAS起動画面

起動順位の変更後、インストール用USBを挿してEasyNASを起動
「Install EasyNAS」を選択します

EasyNAS インストール先選択

EasyNASのシステムファイルをインストールするHDDを選択
今回は250GBのHDDを選択しました。

EasyNASインストール先HDD選択後

インストールするHDDを選択すると、全てのデータを削除して良いか確認が出るのでOKを選択

EasyNASインストール中画面

インストールが開始されるのでしばらく待ちます


EasyNASインストール完了後画面

この画面が表示されればインストールが完了です。




スポンサーリンク

Adminパスワードの設定、アップデート

EasyNASインストール後Adminパスワードの設定画面

EasyNASのインストールが完了後、この画面で「1」を入力、EnterでAdminパスワードを設定します
パスワードはアルファベットと数字の組み合わせである必要があります

EasyNASインストール後パッケージアップデート画面

続いて「4」、「Enter」を入力して、アップデートを読み込んだ後、「y」、「Enter」でアップデートすることができます。

アップデート後、「5」、「Enter」で再起動しておきます。インストール用USBはもう使用しないので抜いてしまって問題ありません。





スポンサーリンク

EasyNASの初期設定(IPアドレス、ストレージ)

ブラウザから設定画面を開く

ここからNASとして使うための設定をブラウザから行います。

EasyNAS設定IPアドレス

EasyNASをインストールしたパソコンの画面に表示されているIPアドレスのURLを他のパソコンのブラウザに入力し開きます。

私の場合「https://192.168.0.43:1443」でした。

GoogleChromeでEasyNASの設定アドレスを開いたところ

WindowsのGoogle chromeで開いたところ、「この接続ではプライバシーが保護されません」とメッセージが表示されます。

「詳細情報」をクリック
     ↓
「192.168.**.**にアクセスする(安全ではありません)」をクリックしてログイン画面を開きます。
安全なのでご安心ください。

MACのChromeの場合

同様にNET::ERR_CERT_INVALIDのエラーが出ますが、強制的に開くボタン等がありません。
Chromeのウィンドウをクリックして選択した後

thisisunsafe

と入力して開きます。



EasyNAS設定画面ログイン画面

ログイン画面のユーザー名「admin」と先ほど設定したパスワードを入力して設定画面へログインできます


EasyNAS設定画面ログイン後
EasyNASの設定画面




IPアドレスを設定する

EasyNASネットワーク設定画面

画面左のリストから「System」→「Network Settings」を開き、
Actionsの「🖋」マークをクリックします


EasyNAS IPアドレス設定画面

IPアドレスはDHCP(自動取得)だと、アドレスが勝手に変わってしまい面倒ですのでStatic(静的)を選択します
私はIPアドレスを [192.168.0.43] から分かりやすくなるように [192.168.0.20] に変更しました

IPアドレスを変更する場合は他のPCやスマホ、プリンターなどのネットワーク機器に設定されているアドレスと被らないようにしなければなりません
わからない場合はそのままでも問題なしです



EasyNAS IPアドレス設定完了後再起動

IPアドレス設定後は右上のメニューから「Restart」をクリック、若しくはパソコンの電源ボタンを押して再起動させます

ブラウザから設定画面にアクセスするIPアドレスも変わるので再起動後は入力し直しで設定画面を開きます


ストレージの設定

EasyNASディスクマネージャー画面

「Storage」→「Disk Manager」で接続されているHDDやSSDの一覧が見れます
私は250GBをシステムファイル、500GB×3台をNAS用として設定します

EasyNASファイルシステムマネージャー画面

「Storage」→「File System Manager」→ [Create File System] をクリック



EasyNASファイルシステムマネージャー設定画面
Name :ファイルシステム名を入力(お好きな名前でOK)
Raid Profile :Raidの種類を選択します
Compression :圧縮設定
Mount Options :マウント設定「Read & Write」を選びます
Disks :使用するディスクを複数ある場合はCTRLキーを押しながら選択します
SSD Optimization :SSD最適化
Auto Defrag :自動デフラグ
Auto Mount :自動マウント

私は画像のようにHDDを3台でRAID5で設定しました





EasyNASファイルシステム設定完了後

ファイルシステムの設定完了後
RAID5で設定したので500GBのHDD3台で約1TB分のデータが保存できます。
RAID5は3台中1台のHDDが壊れても2台が稼働できていればデータの復旧が可能です。
2台壊れた場合は復旧できませんが、RAID無しで保存しておくより安全だと思いこの設定にしてみました


スポンサーリンク

ネットワーク上でのファイル共有の設定

自宅のLAN(ローカルエリアネットワーク)内に繋がっている全てのパソコンやスマホでNASのHDDに保存したデータにアクセスできるように設定します。


グループの設定

グループを設定することで、設定したグループのユーザーからは見えないようにしたり、読み書き、読み込みのみ等アクセス権限の設定ができます。
家庭で使う場合はユーザーが多くないので設定しなくとも問題ありません

EasyNAS グループ設定画面

[Create Group]でグループを新規作成できます


試しに「group1」という名前で全ての権限を与えて作ってみました





ユーザーの設定

「System」→「Users Manager」→[Create User] をクリック

EasyNAS ユーザー設定画面

ユーザー名とパスワードを設定します
ここで先ほどグループを設定していた場合はどのグループに属すか選択できます




ボリュームの設定

EasyNAS ボリューム設定画面
Volume Name:ボリュームの名前 (お好きな名前でOK)
File System:先ほど設定したファイルシステムを選択
User Owner:権限を与えるユーザーを設定
Group Owner:権限を与えるグループを設定(usersを選択すると全てのユーザー)
User Permission:ユーザーへの権限を設定
Group Permission:グループへの権限を設定
Others Permissions:その他アクセスへの権限を設定
File System Quota Limit:ファイルシステムへの割り当て制限(0を入力で制限無し)

私は画像のように設定しました





SAMBAをインストール、設定

EasyNAS アドオン設定画面

「System」→「Addons」をクリック
Name「easynas-fs-samba」 Description「SAMBA addons for EasyNAS」行のActuons「⬇️」ボタンでSAMBAをダウンロード&インストールします


EasyNAS SAMBAインストール完了

インストール完了後

EasyNAS SAMBAインストール完了後設定画面

左のメニューに「File Sharing」の欄が増えていると思います
「SAMBA」をクリック


EasyNAS SAMBA ボリューム設定

「Shared Volumes」→[Add Samba Share]をクリック



EasyNAS SAMBA ボリューム追加設定

先ほど追加したボリュームを設定します
「Recycle」にチェックを入れると削除操作したあとのゴミ箱が表示されるようになるので画像のようにチェックを入れておきました。



EasyNAS SAMBA 設定後 起動

SAMBAの共有するボリュームの設定ができたらSAMBAとMNBを「ON」にして起動します


以上でEasyNASでのファイル共有の設定が完了です






スポンサーリンク

パソコンやスマホからNASへアクセスする

Windows10の場合

Windows10からEasyNASのファイルへアクセスする

エクスプローラーを開きアドレスに「¥¥192.168.0.20」のようにEasyNASの設定したIPアドレスを入力することで共有ファイルにアクセスできます。

エラーでアクセスできない場合

Windows10からNASへアクセスできない場合

データの書き込みやアクセスできない場合
共有のフォルダアイコンを右クリック→「ネットワークドライブの割り当て」を開き

Windows10ネットワークドライブの設定

「別の資格情報を使用して接続する」にチェックを入れて設定します

Windows10ネットワーク資格情報の入力

設定後、再度開くとネットワーク資格情報の入力画面が出てきますので、EasyNASに設定したユーザー名とパスワードを入れることでアクセスできます





Macの場合

MacのパソコンからEasyNASの共有ファイルを開く

Finderを起動して左のリストに「easynas」が追加されていますので選択してファイルを開くことができます



若しくはFinderのメニューから「移動」→「サーバーに接続」を選択

Mac Finder サーバーに接続

「smb://192.168.0.20」のように設定したEasyNASのIPアドレスを入力して接続できます。



スマホの場合





Amazon Fire TV stick

Amazon Fire TV stickにVLCメディアプレイヤーを使って、NASに保存した動画をテレビで再生して見たりもしています





コメント

タイトルとURLをコピーしました